雪深い奥飛騨の高原川流域で、雪が降った翌朝に新雪の上に大きな凹みがあるのを昔から雪入道の足跡だと言われておりました。夜明け前に出ると言われる目が一つ、足が一本の妖怪 “雪入道” を形にした物です。冬期に制作する木杓子作りから出る木片を無駄にすることなく、山から頂いた大切な恵みを活かして、私、奥井京介が発案し作り始めたのが起源であります。ホオノキを鉈で割ったときに表れる木の風合いや木目、形を原型に、雪が積もった針葉樹の樹木をイメージしながら、木杓子作りで使用する鉈や出刃庖丁、鋸などを使って成形し、簡単に色付けしました。自然の木の表情を活かして作っているので、自然な感じの表現が出来ております。また、荒々しさの中に素朴な風合いが残り、また何処と無く可愛らしさがある妖怪の置き物です。家の魔除けや部屋のインテリアとしてお使いください。

 

 


- ストーリー

 

冬の杓子作りは、すべて手作業で一日に作れる本数も少なく、道具や材料代などの経費を計算すると一本あたり高価な額になってしまいます。芸術品でなく生活道具なのでなるべくはお求めやすい価格設定にしたい反面、収入が少なく生活が苦しいまま作っても元も子もなくなります。そこで、木杓子作りで出る木片で何か作れないかとずっと考えていました。町のとあるお店で昔ながらの郷土玩具が地道に手作りされており、私も何か郷土のものを作ってみたいと何となく思っていました。木杓子作りの傍ら、木地師の歴史や民俗の資料などを調べていると柳田國男氏の本の一節に飛騨には“雪入道”がいるとの記述があり、知り合いのご年配の方にお聞きすると子供の頃、お父さんから聞いたとの証言を得られました。木杓子作りで出る木片をうまく利用できそうだと思い、デザインしながら考案してみました。ちょうど一本の材料なので、脚が一本の雪入道にピッタリで、材料のホオノキは飛騨では親しみある木材なので飛騨の風土に合い、鉱山が多かったこの飛騨地域や、全国各地に残る一本だたら伝説を元に制作しております。

 

 

- ロゴマークについて

 

ロゴマークは、雪が降り積もった針葉樹と木樵が使う斧に入っている山の神様への信仰の産物である三本線(御神酒)と四本線(四気 / 太陽, 土, 水, 空気)をデザインしてロゴマークにしました。

 

 

- 材料について

 

飛驒産ホオノキ / 無漂白

 

 

- お取扱いについて

 

直射日光の当るところ、また冷暖房器の側など温度差の激しいところや湿気の多いところには置かないでください。色褪せ、塗装面の剥がれ・割れなどの原因になります。また、自然な木の割れを活かして作っておりますので、多少、割れやささくれがあります。お持ちになる場合、ご注意ください。子供が振り回して遊ばないようにしてください。目に入るなどの危険があります。

 

 

- 参考書籍

 

一つ目小僧その他 / 柳田國男著 / 1971年 / 角川学芸出版 / 総348ページ

奥飛騨の“山と人” / 第20回国民体育大会上宝実行委員会 / 1965年 / 龍文堂

飛驒のことば / 土田吉左衛門著/ 1959年 / 濃飛民俗の会

 


- お取扱い店 

  

✳︎一本ずつ風合いや形が違って来ますので下記の販売店でご覧頂いた上、ご購入ください。

✳︎飛騨の雪入道は奥井木工舎が形にしたオリジナル作品です。

 

やわい屋さま 

website / 高山市国府町宇津江1372番2

 

つみ草さま 

website / 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-20-3 吉祥寺フラット1F

 


✳︎作品はすべて、奥井木工舎のオリジナルです。デザインは著作権で守られており、デザインの複製、転載、二次加工など、その他一切に関する全ての複製を固く禁じさせていただきます。デザインなど複製し、勝手に販売した場合などは法律により罰せられることがありますのでご注意ください。

✳︎木杓子作りで出る木片を利用しているため、作れる数に限りがあります。